管理人管理人
ブロックチェーンゲームBattlepets(バトルペット)がリリース間近でペットの先行販売などを行っているので今のうちに記事にしておこうと思います。 開始したらこのページを随時更新予定です。

Battlepets(バトルペット)とは

バトルペットとは
バトルペットは、BinanceSmartChain(BSC)上のブロックチェーンゲームです。

BSCとは海外最大の取引所Binanceが展開しているブロックチェーンです。メタマスクの接続の際に重要になってきます。

GameFiと銘打ってDeFiとゲームが融合したものを目指すようです。(参考記事:「【理解できるDeFi】Compoundに資産を預けて稼ぐ方法」)

ペット(NFT)を購入して成長させてバトルさせる。 配合をして赤ちゃんを生み出すという点では今人気のAxieのようなゲームです。多分。

AXIE INFINITY(アクシー)を完全ガイド。稼ぎ方・登録・繁殖・攻略法

最近、バイナンスとの提携によって人気がまた上昇したAxie。

Battlepetsはもうすぐ公開(ローンチ)

※ローンチとはリリース・スタートするという業界用語です。

バトルペットで何ができる

スタートしていないのでまだ分かりませんが、HPの一覧を見る限りペット(NFT)をまずは購入し、トレーニング等で強化してバトルで戦い、賞金などを得られるのかと思います。 またDeFiという事からコインをNFTに換えて所持しておく(お金を預けている状態)事で何パーセントかの報酬が得られるような仕組みもあるかもしれません。

NFTは売買出来るので稼ぐ事も出来るであろうと思われます。 ゲームの面白さが結局は鍵なのでどんなバトルの方法になるのか?頭はちゃんと使うのか?お金の力が勝敗に大きく影響しすぎないか?等がポイントとなるでしょう。

現在は何も分かりません。

ただ、先物買いといいますか投資の原点といいますか、早い段階でゲームに参加する事に対して運営から沢山のメリットを与えられるので既にゲームへの参加は出来ます。 例えば2020年10月23日~ペットの販売がされていて購入者はツィッターで恩恵を受ける事が出来ていました。

私は乗り遅れましたが、10月29日AM8:00(UTC時間なので日本時間17時)にまたペットの先行販売があったので購入してみました。

メタマスクでBSCに接続して使用します

BCSネットワークだから少し不便・・

 

Initial Offering
BattlePetsの最初の難関は、BinanceSmartChain(BSC)上のブロックチェーンゲームであるという事です。

まずMetaMask(メタマスク)で接続が出来るのですが、メタマスクの送受信ネットワークを、BSCネットワークにしなくてはなりません。

ええ!?何の話!?と思うかもしれませんが、メタマスクのネットワークをBSCネットワークに切り替えないといけないのです。もうそれしか言えません。

MetaMask(メタマスク)とは?使い方とその意味をフカボリ!

BSCネットワークへの接続方法を、メタマスクの記事に追記しました。ご覧ください。

battlepetsはBSC

BSCネットワークに接続したメタマスクだとBakerySwapでNFT(ペット)を購入する事が出来るようになります。

BSCネットワークへ送金する方法

メタマスクのBSCネットワークに送金完了

そしてもう一つ難関がありました。 BSCネットワークは普段使っているイーサリアムネットワークで使っている通貨が使えません。 世界が違うのです。

ですので、BSCネットワーク上に資金を送金する必要があります。

BINANCE(バイナンス)とは?日本人が利用するメリット

手順はいくつかあるようですが、一番簡単な方法としてバイナンスでコインを購入してBSCネットワークでメタマスクに送金するという方法です。

もうこの時点で腰が重いな・・と思いつつ管理人もやってみましたがとても簡単だったのでバイナンスの記事を参考にしてみて下さい。 ガス代はBNB(バイナンスコインという通貨の名前)で支払うのでBNBを購入します。

ここが一番の難関かと思いますがバイナンスはユーザーを抱え込みたいという目的でBattlePets等のゲームを提供しているのでBNB(バイナンスコイン)を一般的な通貨に育てたいのです。それに参加すると思えば理解出来るでしょう。

ちなみに、管理人はなんとなく2万円くらいを想定してBNB(バイナンスコイン)を購入しました。(1 Binance Coin = 27.387130 US Dollar (USD))

BNB、ステーブルコインじゃなかった

BNBはドルの価格に基づくテーブルコインかと思っていたのですが違いました。 (BUSDがバイナンスUSドルでそれに該当します)

ゲームで小銭を稼ぐ・損するという小さな額よりも保持しているBNBの価格変動の方が大きいという場合もあります。(例:バスタビットでBANKROLL投資をしたが単純にビットコインが上昇した利益の方が俄然大きかった)

Bakery swapとは

Bakeryswap

ちなみに、BakerySwapとはユニスワップのようなDeFiサービスです。 パンケーキなど大量に増えたバイナンス系のDiFiの一つです。

ネットワーク上で所持しているBNBやBTCをBAKEという通貨に両替する時に必要なのと、BattlePetsのキャラクター(NFT)を売買するマーケットの役割も果たします。

現在、NFT Supermarketという項目がありBattlePetsで使うNFT(キャラクター)を購入する事が出来ます。

セールが開始しました

バトルペットのセール

SALEが開始しました。

BAKE

BAKEに両替します。 ガス代等を経て6.886BNBがMAXです。15286.5BAKEに両替が可能でした。

1BAKE=約0.001ドルです。

このときの注意点は、ペット購入の際や売買する時など、ガス代はBNBで支払うので有り金の全てをBAKEに替えてBNBが無くなってしまうと、ガス代を支払う事が出来ず手詰まりになってしまうという点です。 (BAKEの一部をBNBに戻そうにもガス代がBNBで支払う必要があり出来なかった)

筆者はそれでパニックになりました。(結局またBNBを追加した)

BattlePetsの選び方

NFT Supermarketに並ぶペットを選びます。 現時点でゲームが始まっていないのでBattlePowerと価格(BAKE)で選ぶしかありません。 相場としては、BattlePower×10倍のBAKEくらいが妥当なのかなといったところ。

※バトルは1:1のようなので何体も必要が無い気もしますが、検証用に2体購入しました。

武器(ウェポン)の販売開始

battlepetsウェポン

2020年11月9日、ウェポン(武器)の販売が開始されました。 何しろゲームが始まっていないのでよく分かりませんが、Staking PowerとあるのでDEGOのようにPETという独自通貨を買いNFTに形を変えてBattlepetsという銀行に預けておくとパワーに応じて利益が得られるのでしょうか。 ペットに装備させたかったのですが・・

とりあえずペットが2体なので2本買ってみたいと思います。 購入金額によって剣のビジュアルとレベル、Staking Powerが変わります。 ※通貨はPETなのでBakerySwapより両替が必要です。

MyWeapon

MyWeaponのページに購入したウェポンが表示されるので、Approveというボタンでメタマスク承認>Stakingというボタンでステーキング(預入れ)開始します。 どちらもメタマスクでガス代がかかりますが、ETHネットワークに比べると安いです。

卵から孵化

BattlepetsのMypetのページに行くと卵から孵化させる事が出来ました。 ペットショップでもペットが買えるようになっていました。

Battlepets

Feedというボタンを押すとペットを強化できます。 基本的にBattlepoint=PETと同じ数値でした。

・・という事はBattlePower×10倍のBAKEで購入したペットは損だったのか? 現在1BAKE=0.789409PETでした。 無茶苦茶損してるじゃないですか・・