仮想通貨の現金化という面と、ビットコインを預けておくだけで稼げるという2つの大きな特徴があるBlockFiの紹介記事です。

BlockFiとは

BlockFiとは

BlockFiとは、仮想通貨における銀行のような役割を果たすサービスです。

  1. 仮想通貨を担保にして、現金を借りる(銀行口座に現金が振り込まれる)=現金化
  2. 仮想通貨を預けると、利息がもらえる

この2点が大きな特徴です。

ビットコインやイーサリアムの現金化

BlockFiは、仮想通貨を担保にして現金(ドル)の貸し出しを行っています。

貸し出しなので利息(年利12%ほど)を払って返却するのが本筋ではありますが、担保にした仮想通貨を捨てて現金化をしたいという需要もあるのではないかと思います。(日本の「質屋」を想像するとわかりやすいと思います)

これらがBlockFiの収入源です。

仮想通貨を現金化するなら日本の取引所で行う事が出来るので不思議に思うかもしれませんが、世界規模でみれば需要は確実にあると思います。

キャラ4初心者君
仮想通貨(例ビットコイン)を担保にお金(ドル)を借りる(現金化する)メリットが今一つ分かりません。 普通にGMOコインとかの取引所に戻して日本円にすれば銀行に振り込み出来るけど?
ヤマノケンヤマノケン
日本の場合は認可を受けた取引所が存在するから良いけど、国によってはこのサービスを便利と感じるケースは大いにあるでしょう。また、現金化というのは他に類を見ません。

マネーロンダリングや脱税にも利用されかねないです。 本質はここにあるのかもしれませんが、それが確定すると以下に解説する「資産を預けて利息を稼ぐ」のも悪い事へ手を貸すという解釈になるので日本の感覚では銀行と国税庁は仲間なのでどちらにしても足がつく為悪い事に利用されることはないと解釈します。

資産を預けて利息を稼ぐ

BlockFiは金利を得られます。

貸し出しをメインとしたサービスなのでBlockFiには資金が必要です。

ユーザーは資金の提供をする事で利息を得る事が出来ます。

法的な建前なのか分かりませんがBlockFi側が銀行ではないと提示しているようなので明記はされていませんが、要するに銀行であり、DeFi的サービスと考えてよいでしょう。

キャラ4初心者君
現金(ドル)を貸し出すサービスなのだから、ユーザーからは現金(ドル)を集める方が筋が通っているのでは?
ヤマノケンヤマノケン

BlockFiが仮想通貨→ドルへの換金に特化した銀行サービスと考えれば理解しやすいと思います。世界中からお金を集める為には各国の通貨をドルに両替して入金してもらうよりもBTCのアドレスに送金してもらう方がはるかに集金がしやすい事は一目瞭然です。 (ちなみにドルも預けられるようです)

BlockFiの使い方

BlockFiの使い方

よりイメージしやすくなると思うので登録方法の前に、使い方を解説します。

  1. Deposit・・預入れです。それぞれの仮想通貨アドレスが表示されるので取引所やウォレットから送金をするだけです。
  2. Withdraw・・引き出しです。預けているコインを引き出します。制限が無くいつでも引き出せるのが信頼の一つです。
  3. Trade・・取り扱いは少ないですがコイン同士の両替も出来ます。
  4. Borrow・・ローンを組んで仮想通貨を借りる事が出来ます。(ドル建てで銀行振り込み)
  5. 仮想通貨を預けた場合の金利が明記されています。

以上のシンプルな仕組みです。

仮想通貨を預けて現金を得るというのは日本の場合、普通の用途では無いと思うので詳しくは言及しません。

BlockFiのはじめ方

BlockFiとは

画面は変わりがちですが、「GetStart」というボタンを押すとプロフィールの入力画面になりどんどん進めていけます。

個人か法人か

個人か?法人か?という選択です。

氏名等の入力

BlockFiのはじめ方
英語なので補足をすると、名前・苗字・メルアド・パスワード(小文字・大文字・英数字・記号すべて含む)・紹介者リンクから登録した場合、ここにコードが含まれています。なくても良し。 規約等にチェックを入れてSubmitで次に進みます。

住所等の入力

住所は、日本とは逆に入力していきます。

  • address1・・例)101
  • address2・・例)3-4-4
  • City・・例)HIGASHIMURAYAMA
  • State / Province 例)HOKKAIDO

ポイントは、JAPANなら、Jとだけ入力して選択肢から選ぶ。 県も同様で、直接入力するとダメでしたので頭文字のアルファベットだけ入力してみましょう。

電話番号は、日本の国旗+頭の0を抜いて、80********と入力

What is your source of funds? 資金源は何?という質問なので私は上から二番目のemployment(雇用)にしておきました。

本人確認

本人確認

住所の登録後にスマホでの顔認証があります。PCでも電話番号を送信する事でSMSにURLが送られてきてアプリをダウンロードする事なくカメラでの認証がスタートします。

許可を押してカメラの画面になったら正面を向く→左を向く→右を向くで完了します。

ビットコインの預け入れを開始しました

ビットコインをデポジット

Deposit>BTC>アドレスをコピー>自分のウォレットからビットコインを送信

少し時間がかかりましたが(1時間程度)送金が反映されてスタートです。とても簡単。

この後は年利6%ペース(6÷12か月=1か月0.5%)で利息が付いてくるはずですのでまた1か月後にレポートしていきます。(2021/2/5予定)

ビットコインを稼ぐブロックチェーンゲーム

  1. クライムポット

    クライムポット(CLIMBPOT)

    使用通貨:
    ビットコイン
    ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
    オススメ指数 5.0
    安心感 4.0
    面白さ 3.0

    海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

    管理人がオススメする理由

    管理人管理人

    ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

    詳細はコチラ