仮想通貨取引所ランキング
管理人管理人
日本国内の取引所は、金融庁から認可を受けて大手企業が運営しているので、どこもたいした違いはないのかなと思っていました。 例えるなら携帯会社や銀行もそれぞれ違いはあるものの、一長一短でそこまで大きな差はないのと似ています。

しかし知っていれば利用するスタイルによって得する人・損する人が出てきます。※例えば楽天銀行はATMでの手数料が高くなりがちなデメリットの分、ネットの振込手数料が月に3回まで無料というのは大きなメリットです。

ブロックチェーンゲームで仮想通貨を使って遊ぶ場合、少額をいろいろなゲームに送信して使うという人もいるでしょう。 その場合は、イーサリアムの送付手数料が無料の取引所を選ばないと毎回手数料がかかり損です(かかる所は200円以上です)

また、100万円、1000万円という貯金を将来の為に取引所で両替しておこうと思っている方は、同じ100万円で買えるビットコインやイーサリアムの価格が取引所によって違うので注意が必要です。 %単位で変わるので大きなお金を動かすなら手数料が安い方が絶対お得です。

このページでは、国内の有名な取引所をフカボリ比較して貴方におすすめをズバリ教えます。

という事で、仮想通貨の取引所に片っ端から口座開設して比較してみました。

取引所に口座開設

日本の取引所(販売所)を紹介します

仮想通貨を買う(日本円を両替する)取引所(販売所)は、日本にも複数あります。

多くの人が口座を持っている楽天銀行や三菱UFJ銀行など、本人確認済みの銀行がサービスを開始すればもっと簡単になりますが、現在は別の会社が運営する「販売所(取引所)」に口座を開設する事が必須です。

日本で展開している「販売所(取引所)」は

等が有名です。

その他、SBI VCトレード、リキッドバイコイン、ディーカレット、ビットポイント、BTCボックス、フィスコ等、多数存在はしています。 もし、比較対象として相応しい業者がありましたら理由を添えて是非コメント下さい。

例えば、銀行を選ぶ時も「三菱UFJ銀行」と「みずほ銀行」、「楽天銀行」、細かく言えばそれぞれ手数料等のサービスの違いはありますが、給料を振り込んでもらったり誰かに振り込みをする際に、大きな違いは無いというのと同じだと考えるとよいでしょう。

しかし、それでも当サイトは「フカボリ」が命なので全ての取引所で口座開設をして使ってみました。

すると結構違う点はありました。 特に手数料というお金の損得に直結する点から比較してレポートしていきたいと思います。

フカボリ!手数料を徹底比較

仮想通貨を買うため取引所を選ぶ際に、ライトユーザーが比較すべき点は何かと徴収される手数料です。

  1. まず、取引所に日本円を入金をする時に手数料を徴収する取引所もあります。
  2. そして、仮想通貨を購入する時に手数料を上乗せした額で購入しなくてはなりません。この手数料の%がそれぞれ違います。(海外旅行に行った時に現地の通貨に両替をする際、場所によって価格が違うのと似ています)
  3. また、購入した仮想通貨をウォレット(財布)で管理して「受信」「送信」が出来ます。 送信する際に手数料がかかる業者が存在します。

恐らく年月が経てばどこも変わらなくなるとは思いますが、2020年9月現在ではまだ明確な差が出ています。 2番に関しては日によって違うようですが、意外とここまでフカボリ比較している情報サイトは少ないと思いますので、「例えば今、イーサを買うならどこがお得?」を実況してみます。

では、手数料を比較調査してみましたのでご覧ください。

送付手数料で比較ランキング

仮想通貨の送信手数料

まずは、BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)の送付手数料で比較してみました。

例えば、ブロックチェーンゲームに興味をもって、必然的にETHが必要になったという人はウォレットから様々なゲームに使いたい分だけイーサを移動させたり戻したり・・という事を頻繁に行います。 古い人は「ガス代」という当たり前にかかるものだと捉えているかもしれませんが、最近では無料としている取引所も沢山あります。

ランキング順です。2020年9月現在。

TAOTAO BTC・・無料 ETH・・無料
GMOコイン BTC・・無料 ETH・・無料
DMMビットコイン BTC・・無料 ETH・・無料
bitFlyer BTC・・0.0004 BTC ETH・・0.005ETH
BITMAX BTC・・0.001BTC ETH・・0.005ETH
bitbank BTC・・0.001BTC ETH・・0.005ETH
コインチェック BTC・・0.001 BTC ETH・・0.01 ETH
管理人管理人
GMOコイン、TAOTAO、DMMビットコインの3社が手数料が0円で1位獲得です。
ちなみに、送付にかかる手数料はガス代で承認する人に支払われるものだから価格が高い方がスピードが早いのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。 しかし、GMOコインはとても早いです。 Go Walletなど、ガス代がかかるウォレットよりも早いので必ずしも手数料とスピードは関係していませんでした。
つまり、少なくともGMOコインは最強です。(TAOTAOとDMMビットコインはまだ未送信で未確認)

現物購入する価格で比較ランキング

では、投資目的の方は特に気になる比較検証をしてみましょう。 それは、

今、仮想通貨を買うならどの取引所がお得なのか?

という事です。

例えば、ご覧下さい。 同時刻にイーサリアムを購入しようとした場合、coincheckでは1ETH=37,092円で販売していますが、bitFlyerなら36,809円で購入する事が出来るのです。 これは中抜きする金額が違うからです。

何百万円というお金を投資する場合は安い所で買った方が俄然お得です。

ちなみに売り値はbitFlyer=34586円、coincheckは、34.141円でした。 売る時にコインチェックの方が高ければあまり損得に影響はないと思いましたが残念ながらコインチェックは買う時は高く売る時は安いのです。 これは中抜きする額がその時のパーセンテージで決まるからです。

買う時にお得な順にランキングしてみました。

2020年9月15日15:15頃のイーサリアム購入額ランキングです。

bitbank ETH・・買い:39538円 売り:39530円
TAOTAO ETH・・買い:40082円 売り:38873円
GMOコイン ETH・・買い:40244円 売り:38666円
bitFlyer ETH・・買い:40654円 売り:38468円
BITMAX ETH・・買い:40743円 売り:38314円
DMMビットコイン ETH・・買い:40796円 売り:38386円
コインチェック ETH・・買い:40984円 売り:37979円
管理人管理人
イーサリアムを買うならbitbank(ビットバンク)が断然安いという結果になりました。 時間差で金額が変わるので、一通り確認した後に、前後での比較をもう一回ずつ確認しました。 この順位で間違いありません。
bitbank(ビットバンク)がズバ抜けて安いです。 買いも売りも%で決まるので、安く買えて売る時も高く売れるという結果になるようです。 bitbank(ビットバンク)はイーサに関しては手数料が0%と表示されていたので買いも売りも同じ価格。つまり、下がったら買う上がったら売るの短期取引も気兼ねなく出来るという事です。 コインチェックはズバ抜けて手数料が高いです。
TAOTAOは送付手数料が無料でイーサもビットコインも買う時に2番目に安いので総合点は高いです。

2020年9月15日15:25頃のビットコイン購入額ランキングです。

bitbank BTC・・買い:1,137,396円 売り:1,134,315円
DMMビットコイン BTC・・買い:1,138,795円 売り:1,132,282円
TAOTAO BTC・・買い:1,142,327円 売り:1,124,306円
BITMAX BTC・・買い:1,148,953円 売り:1,116,537円
bitFlyer BTC・・買い:1,155,057円 売り:1,119,817円
GMOコイン BTC・・買い:1,155,915円 売り:1,110,633円
コインチェック BTC・・買い:1,176,471円 売り:1,100,900円
管理人管理人
ビットコインの場合でも、bitbankが一番手数料が安く、0.2%と表示がありました。 他の業者は0%~0.6%とその都度変わる風な事が記載されていて不明確ですが0.2%以上という事になります。
DMMビットコインが手数料やイーサを買う時は高いのに、「ビットコインの名にかけて」と頑張っている様子がうかがえました。 TAOTAOは3位でトータル的に優秀です。
順位の入れ替えが結構あったのでビットコインを保有するのか、イーサリアムを保有するのかで変わってくるという事になります。
コインチェックの割高感は期待を裏切りませんでした。例えば1BTC(約110万円分)ビットコインを買い足そうとした場合、コインチェックよりbitbankで買えば約4万円お得という事になります。 これはかなり大きいです。 また期間をおいて第二回、第三回と検証してみたいと思います。

手数料はどの取引所でも0~0.6%程度の範囲で変動すると書かれているので場合によっては順位が変動している可能性もあります。 しかし、翌日検証しても結果は変わりませんでしたので、ある程度はこの順位で正しいと考えます。 また頃合いを見て定期的にランキングを報告します。

取引所のオススメまとめ

結論としては、気軽に使うなら総合的に安いTAOTAOがオススメです。 初心者の方ならなおさらです。

いつか上がるかもしれないと思い、沢山仮想通貨を買っておきたいという方はbitbankが安く買えるのと売買を繰り返すたびに手数料がかからないのでオススメです。

FXのように様々な通貨ペアを「上がる」「下がる」で予測して利益を得たいという場合は、レバレッジ取引が分かりやすいDMMBitcoinがオススメです。 (例えばMONAコインという2ちゃんねる発祥のコインが下がると予測した場合、bitbankは現物取引なので買っていない(持っていない)と売れません。 DMMBitconは保有していなくても「売る」を選択できます。残高があればそのお金を使って「下がる」に賭けるという事です。)

ある特定の仮想通貨(暗号資産)を買いたい場合は、取り扱いがあるかどうか?の確認をしましょう。(例:ステラルーメンという暗号資産はTAOTAOでは取り扱いが無く買えず、選択肢はbitbank,bitFlyer,GMOコイン,coincheck等。

フカボリ!国内の取引所、おおむね口座開設してみました

ほとんどの国内の取引所に口座開設をしてみました。 取り扱い通貨や手数料など調べて記載しています。

口座開設方法の手順などを特に詳しく書いていますので、これまでのおすすめ情報で気になった取引所にお進みください。

GMOコインに口座開設してみました。手数料などフカボリ!

btiFlyer(ビットフライヤー)なら仮想通貨をすぐに買う事が出来るからオススメ!

LINEが提供する「BITMAX」で暗号資産LINKを早めに購入すべし?

TAOTAO(タオタオ)で口座開設してみました【フカボリ!】

coincheck(コインチェック)に口座開設してみました

DMMビットコインに口座開設してみました。手数料などをフカボリ!

bitbank(ビットバンク)に口座開設してみました。徹底フカボリ!

フカボリ!その2 海外の取引所なら、その日のうちにクレジットカードで仮想通貨が買える

Bybit(バイビット)仮想通貨取引所はじめてみました。(はじめ方ガイド)

BINANCE(バイナンス)とは?世界を代表する仮想通貨取引所でCOSMOS(ATOM)を買うならココ!

その後、仮想通貨をフカボリしているうちに海外の取引所なら簡単な登録・本人確認でその日のうちにクレジットカードで仮想通貨を買う事が出来るという事に気づきました。

しかも、取り扱っているアルトコインの数が膨大で例えば「〇〇というアルトコインを日本でも●月○日から取り扱い開始」となった場合、先に買う事が出来るのです。

海外の取引所で仮想通貨を購入して、すぐに日本のウォレットアプリに移動すれば海外だからという不安も無くなるのでオススメです。