ヤマノケンヤマノケン

BSCネットワークのイールドファーミングサイトで遊んでみようという企画実践編です。

BSC(Binance Smart Chain)のDeFiをいろいろ試してみます。Pancake,pizza,猫,ケバブ,コーヒーetc…


前回の記事はこちら

日本人だからなのか、名前が一番ユニークに感じた「ケバブファイナンス」にお金を預けてみたいと思います。

一番の関心ごとは「逆にどうなったら損をするのか?」という事です。

リスクがある・そんなに旨い話はないと言われるBSC系DeFiを実際に触って損をしてみたいと思います。 もちろん「損をしたいのに損のしようがない、稼げてしょうがない」という結論を期待はしています。

Kebab Financeとは

ケバブ
今回白羽の矢を立てたのはKebab Finance。 食べ物のケバブがモチーフとなっています。

2021年1月18日~運営されているので1か月経過してまだ廃れていません。

BSC系DeFiの中でも怪しげなサイトの特徴は、

  1. デザインがコピペ(他のサイトの丸パクリ)である
  2. 名前が食べ物等、ふざけている
  3. あり得ない高い金利
  4. 支払われるのは独自コイン

という点です。 Kebab Financeは正に「ザ・BSC系怪しげDeFi」です。

何故、稼げるのか?仕組みを理解する

何故稼げるのか?その仕組みを解説します。

Kebab Finance例

  1. ユーザーは、BNBやBUSDなどのコインを預けます。
  2. お礼として、KEBAB(というコイン)が手に入ります。
  3. 預けたコインは返ってきますし、KEBABを売れば利益になります。

運営側のメリット

以上の説明だとユーザーにしかメリットが無いように感じられます。 運営側のメリットは何でしょう?

建前としては、

KEBAB Financeは最初は空っぽの銀行(両替機)なので両替をするためのコインを提供してください。ユーザーが両替した時に発生する手数料の一部を還元します。 ついでにお礼として草コイン(ケバブ)もあげます。

という事になります。

草コイン「ケバブ」を両替する時も手数料は発生するので、ユーザーが動けばコピペサイトでも原価0で多少なりとも利益にはなるのです。

※ちなみに勘違いしやすいですが両替にかかる手数料はガス代ではありません。 例えば1ドル=100円だった場合、両替時に1ドル=102円かかるといった風に徴収されていると思います。

ユーザー側のメリット

では、ユーザーはKEBABを貰ってどうするのか?

なんとKEBABは現在1KEBAB=$11.780で取引されています。 換金できるのです。

KEBABFinance

なんでやねんと思うかもしれませんが、例えばKEBAB Financeには「KEBABを預けると超高金利でKEBABが得られる」という仕組みがあるのです。

例えば、今KEBABとBTCB(バイナンスが発行したBTCと価格が紐づいたコイン)をペアで預けると、1,171%という超高金利でさらにKEBABが得られるようになっています。

これによって、「KEBABを買ってKEBABを得よう」という人がいる為、価値が生まれるのです。

  1. KEBABを買えばより多くのKEBABを集められる
  2. 最終的に全員がKEBABを売る事が決まっている
  3. 正にダチョウ俱楽部的チキンレースである。最後までKEBABを持っていた人が負け

大事なのは2番です。 もう一度言います。

最終的に全員がKEBABを売ってゴールするのです。

みんなが売れば一気に価格は暴落します。価値は0になります。

しかし、KEBABFinanceにメリットしかない(報酬がKEBABなので)のと同様に、ユーザーも例え価値が0のKEBABを手に入れたとしても預けたお金は返ってくるのでメリットしかありません。

損をするケースはどんな事があるでしょう?

損するケース

KEBABFinanceを利用する前に損するケースをおさらいしておくと、

  1. コインを預ける為に取得したコインの価値が下がる事による損
  2. 流動性提供後の二つのコインの価格差による、インパーマネントロス
  3. KEBABや預けたコインが引き出せない等の、完全に詐欺(スキャム)的な大損
  4. ガス代や手数料等、両替する事による損

細かく挙げるとこの4点でしょうか。 ですので、

  1. KEBABコインを買ってステーキング(預入=長期保有)するのはハイリスクです。 しかし、BTCやドルに紐づいたステーブルコインのペアによるステーキングなら価格変動によるリスクがありません※1。
  2. インパーマネントロスに関してがこのケースだと一番マイナスを引き起こす可能性があります。
  3. 試しに少額を預け続けておき、いつでもちゃんと引き出せるか?サイトは消えないか?等を検証する。
  4. KEBABの価値が0.0001ドルというような完全なゴミになれば、引き出すだけ損・これまでに引かれたガス代と手数料も損という風にもなります。 その時がくるのか?を追いかける。

※1:BTCをどうせ取引所で眠らせておくなら・・という前提で。

という検証をしてみたいと思います。

KEBAB屋はじめてみました

早速、KEBAB屋を始めてみる事にします。 手順の紹介にもなるので順を追って解説します。

Farmingをクリックしてペアを決める

ステーキングするコインペアを選ぶ

メニュー>Farmingをクリックして預ける二つのコインを決めます。 その中でそれぞれBTC(ビットコイン)とUSD(アメリカドル)の価格に紐づいたBTCB-BUSDというペアがありました。

どちらもバイナンスが発行しているコインで、規制などによるリスクはあるのかもしれませんが、価格の変動という面でのリスクは少ないので良いのかなと思います。 (BTC保有者なのでBTCの価値が下がる事とKEBABで損をする事は結びつきません)

Tradeでexchange&Liquidityで両替の準備

ペアを決めたら、メニュー>Tradeにて

  1. Exchangeで、あらかじめメタマスクで保有しているBNBを、BTCBとBUSDに両替(同じ額)
  2. Liquidityで、BTCBとBUSDのペアの流動性を生成

これで準備は完了です。(強いて言えばガス代の他に多分レートで手数料が取られているので両替による損失はあるかもしれません。Pancakeswap等他のサービスとも比較してみましょう)

2で「流動性を生成」は最初分かりづらいですが、ApprovingとSupplyの2回ボタンを押します。

ここまででかかったガス代のメモ

exchange(BNB→BTCB) 0.002321BNB
exchange(BNB→BUSD) 0.001531BNB
Liquidity(Approving) 0.002321BNB
Liquidity(Supply) 0.002123BNB
合計 0.00823BNB(約$1.07)

およそ100円くらいです。

Farmingで預ける(ステーキング)

ステーキングをする

Farming>預けたいペア>Selectにて、ステーキングを開始します。

  1. 右の「Approve BTCB-BUSD LP」をクリック(ガス代かかります)
  2. +ボタンを押すと上の画面。私はMaxボタンを押して全額Confin(ガス代がかかります)
  3. 完了。Farming>預けたペア>Selectにて、稼いだKEBABが表示されます。

ここまででかかったガス代のメモ

Approve(BTCB-BUSD LP) 0.000665BNB
Confin(BTCB-BUSDを預ける) 0.002167BNB
合計 0.002832BNB(約$0.37)

およそ40円くらいです。

全てのガス代を考慮して損益分岐点は3ドル

この後、Harvest(収穫)してExchange(BNB等に両替)の際にかかるガス代がそれぞれ20円で合計40円くらいかかります。 

ガス代としてどんぶり勘定で総額300円くらいかかるとみた場合、$3以上の利益が出ればKEBABというマネーゲームに勝ったという事になります。(インパーマネントロス分は除く)

KEBABの価格は変動すると思いますが現在は$11.649です。 0.3KEBAB以上で利益が出ます。

ステーキング(預入)の解除とその後の流れ

ステーキング(預け入れ)していたコインのペアを解除して全てをBNBに戻す方法をメモしておきます。

  1. Farming>右側の通貨ペアより、Unstake(金額入力とガス代発生)
  2. (その際、Harvest(収穫)も自動的に行われます)
  3. Trade>Liquidity>コインのペアトークンが戻ってきています。
  4. Remove>Approve(署名)>Remove(Confinでガス代発生)
  5. メタマスクに2つのコインが戻ります。

預けたコインと獲得KEBABの報告

KEBAB

日時 2021/02/16/13:00
預けたコインその1 100BUSD(約100ドル)
預けたコインその2 0.000488BTCB(約100ドル)
獲得KEBAB($価格) 0($11.780)

1万円×2=2万円程度です。 これらが全てなくなっても良いという覚悟で長期的に様子を見ていきたいと思います。

計算方法は分かりませんが、0.444という数値を預けている事になっています。 APYが178%とありますが報酬であるKEBABの価格もAPYも変動するので高いに越したことない程度に考えておきます。

1か月経過で収支はどうなったのか

日時 2021/03/16/13:00
戻ってきたコインその1 108.047BUSD(約108ドル)
戻ってきたコインその2 0.00198563BTCB(約107.797ドル)
獲得KEBAB($価格) 2.445$2.542)

1か月経過しました。 この手のサービスで1か月放置はとてつもなく長く感じました。いつ無くなるか分からないと考えるとさすがに大金を預ける気にはなりません。 そしてKEBAB価格は11ドル→2.5ドルと大きく下落。これはもう何かしら損をしていたりするのでしょうか?

結果は、

  • 流動性の提供によって得られる手数料がインパーマネントロスを上回り、BUSD、BTCBのどちらも枚数が増えて戻ってきた。
  • KEBABは2.445獲得。KEBABの価格が大きく下がったが利益は$6.21でちゃんとある。
  • 合計、約$22(約10%弱)の利益となった。(ガス代は含まない)

1か月も放置していて報酬のKEBABもどんどん下がっているのを見て早く撤退したいと思っていましたが結局のところ損をする事はありませんでした。

この結果はたまたま運がよかったのでは無く、インパーマネントロス以外で損するリスクが無かったので必然です。

そして、もしもKEBABが万が一、Pancakeswapのように以前よりも盛り上がっていたらもっと稼げていました。

リスクが少なくて一攫千金の可能性もあるという点ではBSC系のDeFi全体を見て、数あるサービスから本物を探すマネーゲームとしてはアリといえばアリでは無いでしょうか。(KEBABはもうダメだと思いますが) 鼻で笑われるほど馬鹿にされるような内容ではありません。

DeFiで稼ぐ!完全攻略ガイド(イールドファーミング・Pool・ステーキング))

その他のサイトの探し方なども記載した記事です。

ビットコインが2倍になるゲーム

PR:いまのうちにビットコインをコツコツ稼いでおくならココ

  1. クライムポット

    クライムポット(CLIMBPOT)

    使用通貨:
    ビットコイン
    ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
    オススメ指数 5.0
    安心感 4.0
    面白さ 3.0

    海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

    管理人がオススメする理由

    管理人管理人

    ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

    詳細はコチラ