管理人管理人

パソコンを使ってブロックチェーンゲームやNFTマーケット、DeFi等の仮想通貨を使ったサービスを利用する時に必要になってくるのがブラウザー型ウォレットです。

代表的なブラウザー型ウォレットとして、MetaMask(メタマスク)が多くの人に使われていてもはや他のウォレットは不要というくらいではあるのですが、とある事からTORUS(トーラス)というブラウザー型ウォレットを触ってみたらあまりにも簡単すぎて感動さえ覚えたのでご紹介してみようと思いました。

MetaMask(メタマスク)が難しく感じる方は必見です。

Torus(トーラス)とは

Torusとは

冒頭で書きましたが、改めてTorusはブロックチェーン上の様々なアプリを利用する為のブラウザ型ウォレットです。

仮想通貨におけるウォレットとは?取引所のウォレット機能だけでは不十分な理由

ウォレットとは?という記事を以前書きましたが、簡単に言えば例えばブロックチェーンゲームで仮想通貨を支払う時に接続してウォレット(財布)の残高から直接支払う(受け取る)事が出来るというものです。

仮想通貨の送受信は、アドレスを入力すれば可能ですが面倒だからゲーム側が「ウォレットが無いと利用できない」という風にしている事が多く必須アイテムとなっていますし、一度使うととても便利な事が分かります。

Torusの使い方

MetaMask(メタマスク)等のよく使われているブラウザ型ウォレットはgooglechromeやFireFoxなどの「機能拡張」にインストールして使用するものでした。 これが案外、不慣れな方には難しいものです。

Torusは一味違って、機能拡張では無いようです。 グーグルやツィッターなどのアカウントで利用を開始したらすぐにブラウザの左下に「T」のマークがあり、既にブラウザ型ウォレットとして機能していました。

これは簡単すぎる!と思い、記事にしてみたというわけです。

Torusの使い方まとめ

Torusの使い方をまとめておきます。

サインアップの方法

Torusサインイン

Torusのサインアップ(登録の仕方)はとても簡単です。 まず登録がいりません。

多くの方が利用している以下のアカウントで利用が今すぐ可能です。

Torusでログイン出来るアカウント

google、Facebook、Twitter、Discord、LINE、Reddit、Apple、GitHub、Twitch、Wechat、Kakaotalk、Email

どれも持っていない場合は一番下のステッキに星がついているようなアイコンがEmailなのでメールアドレスでの登録も可能です。

私はTwitterをやっているのでTwitterのボタンを押したら既にブラウザの別のタブでログインしていたのでそのまま利用が可能になりました。

Torusの主な4つの使い方

Torusの使い方

ツィッターのボタンを押しただけでもうこの画面になりました。

  1. ウォレットの受け取りアドレスが既に割り振られています。 QRコードもあるので入金はこちらよりどうぞ。
  2. チャージとは、クレジットカードで仮想通貨を買う方法です。
  3. 送金が出来ます。
  4. トークン(仮想通貨)とコレクション(NFT)が管理されます。

特筆すべきは、コレクションの管理が分かりやすいという点です。

最大のウォレットであるMetaMask(メタマスク)のPC版だと見当たらず手持ちのNFTをMetaMask(メタマスク)だけでは観覧したり個人間で送信したりという事が現状なぜか出来ません。 (opensea等に接続すると一覧が表示されて他者への送信も可能)

スマホのアプリ版では出来るのでその内実装されるとは思いますが、Torusは実装されています。

Torusの使い方

先ほどのはログインしたての画面すが、通常は先ほどの画像通り左下に「T」というアイコンがありクリックするとこの画面。 ツィッターのアイコンがそのまま表示されています。

クレジットカードでETHを簡単に買う事が出来る(非推奨)

チャージのボタンを押すと、クレジットカードでETHを含むいくつかの仮想通貨を購入する事が出来ます。

実際に一番上のSimplexで仮想通貨を購入する流れは確認済みです。 国内の取引所に口座開設をしなくても海外取引所なら仮想通貨の購入が可能というわけです。

ただ、非推奨である理由が2点あります。一つは日本の金融庁は国民のお金の流れを把握したいので海外取引所で円を仮想通貨に替える事を嫌っているという点(まあ税金納めた後のお金なら個人の勝手だと思いますが)と、後で比較して気づいたのですがレートがとても高くてものすごく損をするという事です。

クレジットで直接ETHを買うよりも、国内の取引所で購入をした後にアドレスに転送した方がお得です。

opensea.ioでも使える

opensea

例えばNFTの販売マーケットであるopensea.ioでも複数のウォレットが使え、TORUSも含まれています。

遊ぶゲームやサービスが対応していなければ意味がありませんが、マイクリプトヒーローズや最近私がハマっているブレヒロでも使えるようなので今後普及していくかもしれません。

ああ、そうだ。そういえば私がMetaMask(メタマスク)を既に使用しているのにTorusにも興味を持ったか?というと、

DEGOで稼ぐ方法(DeFi×NFTブロックチェーンゲーム)やり方をガイドします

DEGOというゲーム性のあるDeFi(分散型金融=自動銀行システムみたいなもの)でMetaMask(メタマスク)で最初に接続した時だけつるはし(NFT)を1本もらえたのです。

最近、そのつるはしがどんどん高騰しているので別の方法でもう一本もらえないかな?と思ったのです。

そこで新しいウォレットで接続すれば新規ユーザーとしてもう一本もらえるのか試したのです。 結果はダメでした。