ヤマノケンヤマノケン

Twitterやテレグラム等で特定のコインを煽り拡散してPumpさせて、上がりきった所で飛ぶという詐欺行為が横行しているようです。

その中でもNFTPというコインの流れが典型的なパターンだったので、誰かのしくじりから事件をしっかり学ぼうという記事です。

NFTP事件とは

NFTP事件
NFTP事件は、2021年3月15日~3月16日夜中0時頃に起こったNFTPという謎コインの大暴騰と大暴落です。

単なる売りが売りを呼ぶ暴落では無く、運営が一瞬で飛んだ為完全な詐欺事件です。

こういっては何ですが、鮮やかな手口でしたので今後の為に学ぶべき事件と言えるでしょう。

ラグプル(Rug pull)やスキャム(scam)とは

仮想通貨界隈では、詐欺の事をラグプル(Rug pull)やスキャム(scam)等と呼びます。 それぞれちゃんとした意味はありますが、もう仮想通貨にまつわる詐欺=スキャムという単語で定着しているのでそう覚えて差し支えないでしょう。

私の体感した時系列順に事件を追ってみましょう。

3月15日に急に祭られるNFTPという謎コイン

NFTP

NFTP祭り

NFTPで検索すれば出てきますが、3月15日の朝から急に#NFTPを盛り上げるツィートが沢山流れました。 これらの全てが意図的な煽りでは無く、実際に朝から夜にかけて上昇し続けていたので「本当に上がった!」「もっと上がるぞ」「やったー!」という、実況的な盛り上がりも多く含まれると思います。買いが買いを生み本当の祭りのようでした。 ですので、暴落する前に利益確定をして実際に儲かった第三者もいた事でしょう。

調べた所、「NFT POOL」という新しいプロジェクトが立ち上がりこれから様々な展開をしていく予定で、そのガバナンストークン(独自コイン)がNFTPとの事。 「NFT POOL」のウェブサイトがあり(既に削除)、運営がいてロードマップもあった為、一見ちゃんとしたプロジェクトのようだったようです。

  • NFTをPOOL(預ける)事で稼ぐことが出来るサービス
  • Pancakeswapとの関連を匂わせ
  • NFTマーケットを展開
  • NFTアートの作成が可能
  • ゲームなども視野に
  • 運営が前向きにいろいろ質問に答えたり前のめりだったらしい

という、何やら期待が出来そうだぞ?というプロジェクトでこれからNFTPが上がる!「早くに知った俺たちの勝ちだ。未公開株ゲットだ!」と確信した方々によって、買いが買いを生むという状態になったのです。

買い煽りの要素

この運営(というか詐欺者)は買い煽り要素をいくつも用意していました。

これから上がるに違いない・・と思わせるような匂わせが沢山あったのです。

  1. 近々バイナンスに上場するかも・・的な予告(バイナンスのバナーをHP上に掲載)
  2. Pancakeswapとの提携の匂わせ
  3. 意味深なカウントダウン(長期的なプランのアピール)
  4. 海外時間が来たら夜中にはもっと上がるだろうという煽り

特に、バイナンス上場するかも・・?という匂わせは多くの人を買いに走らせる動機になったでしょう。

「上場予定」は一つの詐欺キーワードとなっているので一つ学びになりました。

あとは「海外時間が来たら本格的な上昇だ」というのも本当にそう信じての発言かもしれませんが、「まだ日本人しか気づいていない。海外勢が気づいたらもっと上がる」という煽りはよく見かけました。

たった半日で暴落

そして、先ほどと同じ画像ですが夜の0時に大暴落。運営は飛びサイトは跡形もなくありません。

このスピード感や煽りの上手さは不謹慎ながら鮮やかだと思います。

残念ながら興味を持たなかったので「NFT POOL」のウェブサイトは観る事が出来なかったのですが、ツィッターに上がっているウェブサイトのキャプチャーを見ると、ロゴなど作りが非常にチープだったので、疑う余地はあったように思います。 どうすれば対処できるのか?もう少しフカボリしてみましょう。

ターゲットは日本人で犯人も日本人か

時間的に日本人をターゲットとした詐欺です。(それにつられて17時頃からロンドン、22時頃からNY勢もチャートだけ見て参戦したのかもしれませんが)

NFTPに限らず日本人は仮想通貨詐欺のターゲットになりやすいと言われています。 そして、犯人は日本人ではないか?とも言われています。

思えば欧州勢が寝静まっている頃に日本に向けてオイシイ情報が回ってくるという事は都合の良い話です。 ツィートでもあったように「海外勢が誰もつぶやいていない」というのをオイシイと解釈せずに「怪しいかもしれない」という解釈もあるという事が学べます。

対処法

仮想通貨界隈は情報スピードが異常に早く、先取りと行動がお金を増やす肝ではあります。ですので情報を仕入れたら飛びつきたくなる気持ちは分かります。

しかし、そもそもツィッターなどで「盛り上がっているから」「よく分からないけど急がなきゃ損」という理由でとりあえず飛びつく行為は一番危険です。 何よりもリスクが高い投資法です。

当たり前なのですが「今がチャンス」という煽られ方は、判断を見誤る事になるので気を付けましょう。 昔から限定と言われたらつい買ってしまったり並んでいたら並ぶというような性質は誰の心にもあるものなので一度ブレーキをかけましょう。

キャプチャーを見て私も「なんだかチープで胡散臭い」と感じたのですが、それは結果を知っているせいかと思いました。 しかしこのように「サイトを確認したらダメっぽそう」という感想を持った方もいらっしゃいました。

ヤマノケンヤマノケン
実は私も以前、ツィッターの煽りで何の確証も無く”慌てて”草コインを買わなきゃという衝動に駆られて、その後下落する一方だったという経験が2回あります。
ひょっとしたらこの手のにアンテナを張っている人にとって一度は経験する「あるある」なのかもしれません。 これに懲りてもう同じ過ちは犯さないので安い勉強料でしたが、まだ失敗した事ない人でもこのような先人達の経験を自分のものに変えると勉強料は無料です。 この暴落の画像を胸に刻んでおきましょう

PR:【攻略法アリ】戦略でビットコインを増やせるゲーム

  1. クライムポット

    クライムポット(CLIMBPOT)

    使用通貨:
    ビットコイン
    ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
    オススメ指数 5.0
    安心感 4.0
    面白さ 3.0

    海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

    管理人がオススメする理由

    管理人管理人

    ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

    詳細はコチラ