ヤマノケンヤマノケン

日本語対応のビットコインが稼げるブロックチェーンゲームがオープンしました。その名も「クライムポット」。

カジノ的なゲームですが、様々な攻略法がどんどん生まれているのが面白い。

「クライムポットって何?」「稼げるって本当?」「投資に興味がある」「一発逆転を狙いたい」「怪しい?危険?」

という方は必見です。

ちなみに、まだ始まったばかりで参加者が少なく、ジャックポットの当選確率が異常に高いので知られていない今がチャンスです(ほぼ当選)

クライムポットで、10万円以上の稼ぎになっている筆者が初心者向けに紹介します。

クライムポット(Climbpot)とは

クライムポット
クライムポット(climbpot)はビットコインを使ったブロックチェーンゲームです。ジャンルでいえばカジノ型に該当しますが、ただ運に身を任せるだけでなく様々な作戦・攻略法に基づいてベットする面白さがあります。

また、賭けたビットコインが2倍にも3倍(最大1,000倍以上も)になるので、稼げる金額が大きく即金性が高いことも魅力です。

ヤマノケンヤマノケン
クライムポットはビットコインを使用する為、まずはビットコインを持っていないと始まりません。 まだ持っていない人は、ビットコインをこの機会に手に入れるのも悪くないでしょう。(100円から買えます) >>ビットコインが買える取引所比較

クライムポット(Climbpot)のルール・遊び方

クライムポットの基本的なルールを説明します。

クライムポットとは

  1. 数字がどこまで上昇するか?というゲームです。(1.0x~上限ナシ)
  2. 賭け金を入力します。(10block(0.00001BTC=約35円)から参加できます)
  3. 倍率を入力します。(2と入力した場合、当たれば2倍)
  4. ベットボタンを押すと”次のゲーム”に参加出来ます。スタートです!
  5. 設定した倍率以上の数字まで上昇すれば勝ち。 その前にFINISHしてしまうと負けで、賭け金は全額没収。

これだけのシンプルなルールです。

どの数字でFINISHするかは毎回違うので「2以下が5回も続いたからそろそろ2以上が出るだろう」等と様子を見ながらゲームに参加する事が出来ます。

上昇する倍率の確率は、

2×に達する確率 約1/2
3×に達する確率 約1/3
100×に達する確率 約1/100
1.01×に達する確率 97/100

となっています。

つまり、2×と設定すれば約1/2の確率で2倍になるので、丁半博打やルーレットの赤白に置き換える事も出来ますし、1.01×という数字を設定すれば97%の確率で勝てる勝負にする事も出来ます。

これが面白い点その1です。

例えば先ほど例に挙げた「2以下が5回続いてから連続で賭けよう」というようなベットが出来て、他にもマーチンゲール法やココモ法等、様々な攻略法を当てはめる事が出来る事が人気の秘訣です。(攻略法は下にまとめています)

そして面白い点はもう一つあります。

これらのベットを自動で設定が出来るという点です。 例えば1.01倍に手動で賭け続けると最初は10blockずつどんどん増えていくので楽しいは楽しいのですが、だんだんしんどくなってきます。 その他、もっと複雑な手法でリスクを減らしてコツコツと利益を重ねていく場合など、自動だから出来る攻略法というものが多数存在します。

カジノでやるとディーラーから止められたりする事が、すべてがほぼ自動で動いているクライムポットのシステムでは通用するというのが人気の秘訣です。

これによって様々な攻略法が個人の人から発案されて、その攻略法が有料で販売されたりしているのです。

クライムポット動画
※クライムポットの紹介動画を上げました。途中から攻略法の説明が長めなのでさわりだけでもご覧いただければと思います。

攻略法はこの記事でも紹介しています。 はじめる前に読んでみたいという方は下にスクロール!

クライムポットのリスクや危険性について

このようなカジノ系=ギャンブル系は「裏で操作しているのでは?」「自分がベットした時に限って悪い数字が連続で出た」などと負けた人から悪い噂が立ちがちです。

従来のカジノサイトと大きな違う大事な点があります。

まず、ディーラーと1:1の対決ではないという事が挙げられます。 同じゲームに多数のユーザーが参加するので数字を操作するという事が考えにくいです。

例えば一度にたくさんのベットがあった時は大きな数字が出ないというような設定は出来るかもしれませんが、もう一つの理由でそれも難しいです。

それはブロックチェーンゲームであるという点です。 ブロックチェーン技術の大きな特徴の一つに「不正」や「改ざん」が出来ないという事は有名な話です。(だからビットコインなどのデジタルデータにも「信頼」があるのです。) クライムポットも運営が不正や改ざんをすると調べればバレる仕組みになっているので従来のオンラインカジノでは証明することが難しかった公平性・信頼感が産まれたという事が超革命的なのです。

例を挙げると、一か八か10万円分のビットコインで2倍に賭けるとします。1/2の確率で勝てば一瞬でさらに10万円が手に入るのですから現実的な勝負です。 しかし従来のカジノでは、こんな事が頭によぎります。 (本当に1/2なのだろうか?大きく賭けたら大体負けるようにディーラーが仕組んでいるのではないか・・?)

そのような心配がなく、完全に公平性が保たれているという点が非常に大きいです。

はじめ方(登録~入金の手順)

ビットコインを増やそうというゲームなので仮想通貨(コイン)を保有する事からスタートです。

※既にお持ちの方は入金方法へ進みましょう。

ビットコインをお持ちでない方へ

ビットコインで稼ぐ

私はゲームをする目的で去年頃から興味を持ってビットコインやイーサリアムというコインを購入しましたが、ただ持っているだけでたった3か月でこんなに増えました。 この間、買い増しはしておらずむしろ忘れていたくらいです。

だからビットコインをたくさん買おうというわけでは無く、クライムポットに興味をもったけどビットコインを買うのが面倒とか怪しいという方はこれを機に興味を持ってもよいのではないでしょうか。

仮想通貨を始めるならどこがおすすめ?取引所徹底比較!【国内】2021

※おすすめは沢山ビットコインを買うならbitbankで、ゲームで遊ぶためだけに少額のビットコインを買うならTAOTAOです。

クライムポットへの登録方法

ビットコインを購入した後の流れは以下の通りです。

  1. 公式サイトにアクセスします
  2. ユーザー名入力(任意の適当な英数字)
  3. パスワード(任意の適当な英数字)
  4. メールアドレスを入力(パスワード再発行用)

登録自体はメールアドレスの確認もないのですぐに出来ます。 そして入金をしないと始まらないので次に入金方法です。

入金・出金方法

クライムポット入金方法
入金の手順は、

  1. 右下(PC、スマホ共に)にある3本線メニューをクリック
  2. 入金のボタンをクリック
  3. ビットコインアドレスが表示されますのでコピー(※注意!一度きりの専用アドレスです
  4. 別でお使いの仮想通貨取引所(もしくはウォレット)よりビットコインを送信

という手順です。

仮想通貨及びブロックチェーンゲームに慣れている人は簡単な作業ですが慣れていないと何の事?となるかもしれません。

【全共通】ブロックチェーンゲーム(仮想通貨)の入金出金(送金)のやり方

以前、送金する方法をまとめた記事を書きましたので参考にしてください。

最初はいくら入金すれば楽しめるのか

ヤマノケンヤマノケン

沢山のビットコインを送信をするのって最初は少し抵抗があるものです。 特によくある攻略法は資金をたくさん用意するものが多いので「いくら入金すればよいのか?」悩ましいところです。

まず慣れるまではまず少額を試しに送信してしばらく遊んだ後、慣れてきたら追加するという方法でよいと思います。

具体的には、

  • 手動で遊んでみる程度なら0.001BTC~(約2,400円前後)でもOKです。1000blockが手に入るので10blockずつなら100回遊べます。
  • それなりに攻略法を使ってみたい場合は、最低ベット額が10blockなので0.01BTC(約24,000円)だと例えばマーチンゲールなら9連敗までが許容となります。 まずは0.01BTCで様子見が一般的かと思います。
単位1blockは日本円でいくら?

入金されたBTCは、クライムポットでは「block」という単位で表示されます。

  • 1block = 0.000001BTC
  • 1,000,000block = 1BTC

です。

現在のレートでは、1BTC=1,934,238.18 円でした。 約200万円なので

1block=2円程度となります。 およそ倍と考えておくとよいでしょう(とはいっても、つい最近まで150万円程でしたので変動はします)

出金方法

出金方法

  1. 右下メニュー>出金
  2. 口座開設している取引所(またはウォレット)のアプリやWEBサイトでビットコイン受信用のアドレスを入手
  3. ビットコインアドレスにコピー
  4. 出金額を記入。(この時は既に単位がBTCに換算されています)
  5. 送信。

クライムポット(Climbpot)が手続きをするわけでは無くビットコインのブロックチェーンに対して申請をする為、オンラインカジノのような出金渋りや不正が無いかの審査等のチェックが無く、自動で送信されるので安心です。

ただ、イーサリアムのネットワークの時に体験しましたが、詰まって全然(数日)送金されてこないという事が仮想通貨の世界ではあるのでその点だけ心に留めておきましょう。

また注目は手数料の安さです。0.00004BTCは現在のレートで約80円です。 とても安いです。今までオンラインカジノでは海外からの入金の為に3000円くらいの手数料が取られていたのでやはり仮想通貨が誕生したメリットがここにあると思いました。

出金してみました(ガス代は実際いくらなのか)

クライムポットの出金ガス代

※ちなみに、(ガス代はユーザー持ち)とあったので実際に出金してみました。0.1BTC分の出金が0.0999BTCと表記されていました。0.0001BTC=300円程でしょうか。

攻略法・稼ぎ方


さてクライムポット(Climbpot)は、ただ闇雲に勘を頼りに数字を設定するゲームではありません。 (最初はそれでも増えたり減ったりするのが楽しいですが)

例えば、「勝率97%になるようにベット設定をして繰り返しコツコツ少額ずつ増やしていき、負ける前に勝ち逃げをする。」 というような賭け方を自由にする事が出来ます。

筆者は同じようなシステムの海外版Bustabitで世界中の攻略法を沢山考察してきましたのでその一部を紹介していきます。

マーチンゲール法のやり方(オート設定方法)

マーチンゲール法イメージ
例えば最も分かりやすく、クライムポット(Climbpot)にも最初からオート機能が実装されているマーチンゲール法という攻略法があるので実際にやり方を説明をします。

マーチンゲール法設定方法

まずは、オート>マーチンゲールを選択しましょう。

  1. 例えば「10block」「×2」と設定した場合、ベット額が10blockで、2倍でストップするという意味です。
  2. 前回勝利時>初回に戻るを選択。(右は空欄)
  3. 前回敗北時>選択を外し、ベット2倍/倍率1倍に
  4. 停止条件は損切りです。残高がいくらまで減ったらやめるという設定が出来ます。
  5. シミュレーションモードをクリックすると残高を自分で設定して実際にどんな結果になるかを試すことが出来ます。

上記設定が一般的なマーチンゲール法です。 シミュレーションモードにチェック>残高を100,000blockで試してみましょう。

マーチンゲール法が勝てる仕組みを解説

回数ベット額勝ち負け(これまでの負けを含む)勝利時の利益
1回目100200-100100
2回目200400-300100
3回目400800-700100
4回目8001600-1500100
5回目16003200-3100100
6回目32006400-6300100
7回目640012800-12700100
8回目1280025600-25500100

ここでこちらの表をご覧ください。

マーチンゲール法を使った時に何回負けても1回勝てば必ず利益が100になるという事を証明している表です。

例えば6連続で負けた時の負けの合計は-6,300円です。しかしマーチンゲール法では次に6,400円を賭けるので勝てば負けを全て取り戻す事が出来るのです。

もちろん、落とし穴はあり「資金が無限にある事」が条件となります。

「クライムポット(Climbpot)」では最低賭け金が10から可能なため、従来のオンラインカジノだと100万円用意しないと難しかったのがある程度少額でもこの攻略法が使えるという点も人気の一つでしょう。

その他、沢山の攻略法が世界中にあり、さらに独自のやり方を研究して世界中でスクリプトが販売されているのも魅力の一つです。

テクニカルによるオート機能について

テクニカル

オート機能の「テクニカル」は、マーチンゲールをより細かく設定出来るものです。

一見、いろいろな追加機能があるように思いましたが、

  1. 発生条件を指定できる(例:4回2以下が続いたらベット開始)
  2. 停止条件に、残高ベット額・ゲーム結果・プレイ数が追加

という2点だけなのでさほど難しくはありません。 テクニカルを使った攻略法も以下に紹介します。

NEOマーチンゲール法

マーチンゲール法に、開始条件をつけた「NEOマーチンゲール法」をnoteにまとめました。

考え方は100倍狙い撃ちテクニカルと同じです。

9回連続で2以下が続いて負けが増えても10回目で勝てば全てを取り戻せるという必勝法に、例えば4回連続で2以下が続いた後しかベットを開始しないという条件をつけられたらどうでしょう・・?

2in1法

続いて、説明を聞くと「なるほど」と誰もが納得する2in1法を紹介します。やり方は、

  1. 紙に10個の数字を書きます。例)100,200,300,、、1000まで
  2. 2つの数字を足してベットします。
  3. 勝ったら数字を消して、負けたらベットした数字を紙に書きます
  4. 数字がなくなるまで繰り返します。
  5. 数字がなくなった時には、必ず最初に書いた10個の数字の数だけ利益が出ています。

というものです。 理屈はとても簡単で、数字を10個書いた後、

勝った時 数字が2個減る
負けた時 数字が1個増える

勝つ確率と負ける確率は同じです。 5回勝てば10個減りますが、5回負けても5個しか増えません。 つまり、勝ったり負けたりを繰り返しているうちに、いつか必ず数字はなくなる。という手法です。

この方法はクライムポットのオート機能では現段階では出来ないので手動でやることになります。 数字は100を10個でもよいですし、適当でよいです。

例えば10000コインの稼ぎを目標とするなら、合計が10000コインになるように数字を分散すればよいので1000を10個書くとわかりやすいでしょう。

2in1法はモンテカルロ法等の紙数列系の全ての原点。なぜ必勝法なのか?考え方が分かる!

100倍狙い撃ちテクニカル法

100倍を設定した時に100倍が出る確率は約1/100です。これは100回以内に先に100倍が出てその時点でやめれば勝ちというゲームに置き換える事が出来ます。 では、99回連続で100以下が続いた後からベットを開始したらどうでしょう・・?

1.01倍法(改良版)

通常の1.01倍法に「負けたら負けを取り返す」という一手を追加したやり方。

1.0倍が出る確率は1/97なので割と多いですが、2連続で出る確率は1/9409という指数関数的な数字のマジックを逆手に取った手法です。

勝ち逃げが大きなカギ!

オートのテクニカル機能の停止条件を見て気づいた方もいると思いますが、停止条件をどう触っても

「利益が〇〇まで増えたら停止」

という機能だけがありません。 (残高を指定しようにも現在よりも大きい金額にする事が出来ません。)

逆に言えばクライムポット(Climbpot)は勝ち逃げこそが必勝法という事を理解しているのです。 ですので、それを逆手に取り、あらかじめ「利益が1割ほど増えたら終了する」等とルールを決めて引き出すという事が必勝法となります。

データの読み方

クライムポットでは過去の様々なデータを見る事が出来ます。 ルーレットやバカラで過去の成績が表示されているのと同じ事です。

データ罫線

クライムポットのゲーム罫線
データタブにある、ゲーム罫線が面白いです。 〇が2倍以上、×が2倍以下の結果を表します。

情報としては、ゲーム履歴と実は変わらないのですが2倍以下が何連続過去に続いたのだろうか?という事が一目瞭然です。 ポイントと書いてある所に注目するとちょっと前に7連続で2以下が続いていた事が分かります。

マーチンゲール法を実践する上で資金と賭け金から「何連続まで負けても良いのか?」という事を事前に把握しておきます。 例えば10万blockの資金で100blockずつ賭けた場合は、9回まで連続で負けても良いという計算になります。

bustabit系のゲームをやっていて一番欲しくなる情報が「2以下は最高何連続まで続きましたか?」「2以下が10連続いたのは直近ではいつですか?」という事です。 最大何件まで表示されるのか分かりませんが(100件くらいはデータが残っていました)データ罫線を見るとそれらが分かりやすく表示されています。

ゲーム統計

クライムポットのゲーム統計

ゲーム統計にも興味深い数字があります。 これもクラッシュ系ゲームでは多くの人が気にする数字としてゲーム還元率というものがあります。 ゲーム還元率はユーザーが賭けたお金から、ユーザーに何パーセント還元したか?という数値です。

システムによりこの数値は97%になるように設定されているので97%よりも数値が低ければここ最近まで悪い結果が続いていたという事になります。

ゲーム履歴を使って戦略を立てよう

クライムポットのデータ履歴

ゲーム履歴は過去の結果(出た数字)が並んでいてクリックすると詳細(どのユーザーが参加してそのユーザーの過去の結果等も)が見られるのですが、それよりも注目は過去に永遠に遡れるという事です。(今の所)

Exelにコピーして分析してみよう

Exelにコピペ

結果~利益まですべて選択して下にずっと進んでいくと無限にデータを遡ってコピーする事が出来ます。

これをExcelの左上で貼り付けします。

背景が黒いので、Aの列を選択して、背景色無し・文字の色を黒としてB以降の余計なタブは削除しておきましょう。

データの見方

試しに最新の1,000件の結果をExcelに貼ってみました。

データの見方

上のタブ(A)を選択>データ>並び替え>昇順(デフォルトのまま)>OKボタン

を押すと、数字が小さい順に並びます。

直近1000回で、1.0が何回出たか 左の数字を見る。42回。(1000×0.03=30回が基準)
直近1000回で、2以上は何回出たか 2の左の数字を見る。524なので476回(500回が基準)
直近1000回での最高値 2714×
直近1000回で100以上は何回出たか 11回
1.0が2連続で何回出たか セル2Bにて、「=A1=A2」と入力して下にコピー(右下の丸を下に)TRUEとなっているのが2連続同じ数字。Ctrl+Fで「TRUE」で探す。

このように直近の成績が出ると場の流れを把握する事が出来ます。

海外bustabit系フォーラムでは多くのユーザーが「調子がいい時」にベットを開始する傾向にあります。 個人的には逆に結果が悪い時からスタートした方が理にかなっていると思うのですがどうでしょう?

2以下が何回続いた事があるか調べるツール作りました

Excelに関数を入れて例えば2以下が9回連続で続いたのは3000回中何回?それはいつといつ?という事が分かるようにしました。 無料ですので是非使ってみてください。

まだ始まったばかりなので、今後もっと細かい情報が出るようになったり、自動スクリプトをもう少しは複雑に出来るように要望をDISCORDなどで出してみるのもアリでしょう。

ジャックポットを攻略

クライムポットのジャックポット

クライムポットはジャックポットが12時間ごとにユーザーに配布されます。エアドロップのような物です。

  1. 12時間に一度ユーザーに配布(毎日9時と21時)
  2. 対象者の条件は毎回異なる。(例:ベット総額(取引高)上位10名から2名当選)
  3. ジャックポットの額は締め切りに向けてどんどん上昇していきます。
  4. 当選者で均等に配分されます。(例:1000blockなら500blockずつ)

2021年1月現在は、

  • 期間内のベット総額(取引高)上位100名から10名当選
  • 期間内のベット総額(取引高)10位以内から2名当選

というパターンを繰り返しています。 始まったばかりで広まっていないので参加者が少なく確実に当確するという事が多々ありチャンス中のチャンスです。コツコツ貯めるイメージで参加すると良いでしょう。

climbpot(クライムポット)で攻略法をガチでやってみた結果(2in1法その他)

色々な攻略法をガチでやってみた結果報告をしています。