ヤマノケンヤマノケン

クリプトアート・NFTの価値が徐々に確立されている中、NFTBOXという新しいサービスが話題を呼んでいます。

早速ヤマケンも使ってみましたので、初心者向けにかみ砕いて遊び方を解説します。

NFTBOXとは

NFTBOX
NFTBOXは、NFTを購入してコレクションするサービスです。  NFTとは、仮想通貨のアイテムやトレーディングカードのような”デジタル資産”の事です。

ただ絵柄を集めるだけだと面白くないので、

  • NFTはガチャでゲット(何が出るか分からない・レアリティがある)
  • NFTを預ける(ステーキングする)事で利息を得て、換金出来る(放ったらかしで稼げる)

という新しい特徴がある事から、

  1. 仮想通貨を増やしたい、投資ファン
  2. NFT・クリプトアートに興味を持っていた、アートファン
  3. パズドラ等のガチャが好きな、ソシャゲファン

等、多くの人に刺さりそうな要素があり今話題になっています。

NFTBOXの遊び方

では早速NFTBOXで遊んでみましょう。

準備編

NFTBOXの接続方法
NFTBOXはBSC(Binance smart chain)ネットーワークというプライベートチェーン上でのサービスですので、

  1. PCのブラウザ(chrome)でメタマスクというウォレットを利用する
  2. BSCネットワークに接続を切り替える
  3. BSCネットワークにBNBというコインを入金(Binanceを利用する)

という3つの難関をクリアしなくてはなりません。

初心者にとっては「な、何を言っているの・・?」という程、頭が痛い話ですが順を踏めば何とかなりますので頑張ってみましょう。

MetaMask(メタマスク)とは?使い方とその意味をフカボリ!

準備がまだの方は、3つの難関をすべてメタマスクとはのページに記載していますのでご覧ください。

準備が出来たらトップページ右上>ConnectWalletでメタマスクに接続して開始できます。

NFTの買い方

NFTの買い方

接続したら、まずNFTを購入しないと始まりません。

先にメニュー>NFT Marketで販売中のNFTを観るのも良しです。相場によってはMarketで買った方が安い事も。

今後増えると思いますが、2021年2月24日現在は、

  • 陰陽師
  • Kingdom

の2種類からNFTBOXを購入することが出来ます。 ※Kingdomは日本の漫画キングダムではありません。

陰陽師とは

『陰陽師』は、NetEaseという中国の会社がリリースする「決戦平安京」及び「陰陽師」という人気ゲームのキャラクターで、版権はちゃんととっているのか?という点でざわつき始めました。 http://www.onmyojiarena.jp/ssl/page.html?id=1070 中国のゲームだし多分提携しているのだろうとは思っていますが、もう一つの「Kingdom」の方がコーエーテクモの作品のイラストだそうで、どうなんでしょう。 さすがにパクりは無いと思うのですが常識を超えてくるかもしれません。

メイン画面のオレンジの「BUY」というボタンを押して数量を入力して進めるだけなので簡単です(初期はAirDropもありました)

BOXといっても、NFTは1枚だけで中身はランダムです。

※2021年2月24日現在は、定価が0.104858BNB(約2500円)で、始まったばかりのキャンペーンで2021年2月28日までは70%オフの0.03145740BNB(約735円)で購入することが出来ます。

購入後は、その下にあるOPENBOXより数量を指定して開きます。

保有しているNFT(コレクション)を確認しよう

NFTBOXの確認

メニュー>Onmyouji>OnmyoujiNFTより保有しているNFT(コレクション)の確認が出来ます。

実際に10点購入してみました。上にレアリティ(SRやRなど)と保有枚数が表示されているので分かりやすいです。

※SRはスーパーレア、Rはレア、Nはノーマル等の略です。

NFTを預けてNBトークンを得よう(ステーキング)

NFT詳細

NFTをクリックするとこの画面になります。

  • STAKE FOR MINEで、このNFTを預けて利息的なNBトークンを得るという流れに移ります。(NBトークンはNFTBOX内における通貨となります)
  • SELLで、マーケットに出品します。
  • (下にスクロールして)Combined GuideにてこのNFTが他にどんなカードの組み合わせに役立つか?が記載されています。 どうやらこのキャラは、●R(レア)カードを全部揃える為と、●陰陽師のカード全部揃える為という事でしか使えないNFTのようです。
  • Miningpowerに注目。 この数値が大きいほど預けた時に得られるNBトークンが大きいです。当然レアなNFTは数値が高いのでガチャ=ギャンブル要素というわけです。

取得したNBトークンの確認と引き出し(BURN)

NFTBOXの使い方

NFTをステーキング(預入)して取得したNBトークンは、メニュー>MiningPoolより確認が出来ます。

この画面の右下に、預けたNFTの一覧がありますが、

  1. REVOKE(NFTの預け入れを取り消し(戻す)、NBトークンも取得)
  2. BURN(NFTを焼いてNBトークンを取得)

という意味です。 ※BATCHは一括とかランダムとか‥まだ調査していません。

BURNを選択すると預けていたNFTが無くなってしまいました

例えば同じキャラクターを沢山持っていた場合、BURN(焼く)する事で絶対数が減るのでそのキャラクターの価値を高めるという効果がありますが、非常に高度な戦術です。

ちなみにBURN、REVOKEどちらも獲得できるNBトークンは同じです。

取得したNBトークンをBNBやUSDTに換えて稼ぐ

SWAPKING

取得したNBトークンは、BOXの右上に小さくあるSWAPKINGへのリンクを辿ると、両替ができるサイトに飛びました。 ※大した事なさそうに見えますが、2枚(1400円分)を昨日から預けて1日で15円なのでAPY365%くらい。今アツいかも! >>SWAPKING

  • NFTを預けてNBトークンを稼ぐも良し
  • レアなNFTをマーケットに出して稼ぐも良し

というのがNFTBOXの基本的な遊び方です。

では、「さっき言っていたCombinedって何?」という所までフカボリしていきます。

カードを組み合わせて(Combined)強力なステーキングをしよう

NFTBOXの神髄は、カードを組み合わせて預ける事により沢山のNBトークンを取得できるというコレクション要素です。

Combineガイド

メニュー>Onmyouji>Combineguide

より、カードの組み合わせの一覧が表示されています。ポイントが高いほど良いのでしょう。 分かりやすい所でいうと、下の方にN card all collection 200pt とあります。

N(ノーマル)カードを全部コンプリートして預けると200pt加算されるという意味でしょう。

POINT=miningpowerと同等なのかは分かりません(1ポイントだと少なすぎますし・・)

この要素のおかげで、どんなNFTでもマーケットでも売れやすくなるので非常に良いアイデアです。

まだ組み合わせた事が無いので不明確ですが、メニュー>Bonuspoolメニュー>Farmingpoolで預けられるようです。

本質はPancakeswapと同じ

ヤマノケンヤマノケン

これを言ってしまうと萎えるかもしれませんが、本質的にはPancakeswap等のイールドファーミングサービスと実は変わりません。

預けるものが単刀直入にコインそのものか、わざわざNFTに一度換金するか?の違いだけなのです。

しかしながら、

  • 魅力的なイラストで純粋にコレクションする要素
  • カードを揃える事で得をするというコレクション要素の煽り
  • ガチャによる射幸心の煽り

という強力な要素を兼ね備えているので、仕組みとしてはヒットする可能性を十分に秘めているのです。

追記:日本人が得意とするサービスだと思いますが、ガチャの要素や稼ぐ事に直結するという点で法的に真似が出来ないのは痛いですね。

PR:手っ取り早く稼げるブロックチェーンゲーム

PR:【攻略法アリ】戦略でビットコインを増やせるゲーム

  1. クライムポット

    クライムポット(CLIMBPOT)

    使用通貨:
    ビットコイン
    ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
    オススメ指数 5.0
    安心感 4.0
    面白さ 3.0

    海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

    管理人がオススメする理由

    管理人管理人

    ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

    詳細はコチラ