ヤマノケンヤマノケン
ガス代が0(ゼロ)! 次世代DEXと銘打って人気が出始めているmoonswapの使い方を記事にしてみたいと思います。 分からない事がありましたらコメントやツィッターのDMでご質問ください。

moonswapとは

moonswapとは

MoonSwapは、独自のネットワークでプロジェクトを展開していて自ら”次世代DEX”と銘打っているDEX(分散型取引所)です。

  • 流動性の提供やステーキングによる利息を稼ぐサービス
  • NFTマーケット
  • Game

等のサービスが現在はあり、今後の展開次第では人気が出そうなサービスです。 ガス代の安いBSCが流行しましたが、今度は別のブロックチェーンでサービスが開始されたというわけです。

普段使っているETHメインネットワークでも少し面倒なBSCネットワークでも無くまた新しいネットワークを利用する事になるのではじめの一歩を特に解説していきたいと思います。

Conflux Networkとは

Openseaや数多くのブロックチェーンゲームはETHのブロックチェーン上で誕生しています。 しかし、人が多く処理に時間もかかるのでガス代が高いという問題に直面しています。 そんな中登場しているのが、

  1. 別のブロックチェーン(惑星)に世界を作って遊ぼう
  2. ETHという惑星の中に小さな世界を作ってそこで遊ぼう(サイドチェーン)

    という2パターンの解決方法で展開されています。 Conflux Networkはざっと検索した感じだと1番に該当するようです。

    Moonswapのはじめ方

    ConfluxPortal

    まず、MoonswapはConfluxPortalというウォレットを使う為、普段お使いのメタマスクとは別にまた新たにgooglechromeの機能拡張に追加します。(メタマスクを利用していない方は後で使うのでメタマスクを利用するところからスタートしてください)

    1. installボタン>choromeの機能拡張に追加
    2. アカウント登録
    3. パスワードを設定したり、複数の単語をメモして順番に選択する等の手続き(このメモは重要なので控えておく)
    4. 迷うのはインポートをするのか?という点くらいですが新規なのでインポートしません。
    5. conectで接続する(メタマスクは右上に出ますが私の場合左の窓で出ました)

    この接続に関しては特に迷う事は無いと思います。

    しかし、このウォレットにコインを移すにはどうすればよいのか? これが一番迷う所です。

    ConfluxPortalウォレットにコインを移す方法

    Moonswapとメタマスクの連動

    Wallet>cETH>Deposit をクリックするとこの画面になります。

    ここで、ConnectEthreumWalletというオレンジのボタンがありクリックするとメタマスクが立ち上がり接続することが出来ます。

    接続するとメタマスクで保有している残高が反映されるので

    1. inputで金額を入力
    2. confirmDeposit

    でメタマスク(ETHメインネットワーク)で保有しているコインを移す事が出来ます。

    小文字のcは何なのか

    Moonswapの世界では全てのコインに小さくcという文字がついていますが、「ETHの世界と価格が同じだけど違うコイン」というような意味で深く考えないほうが良いでしょう。似て非なる世界なので小さくcとついています。 「ドラえもん」のパラレルワールドのようですね。

    Moonswapの世界ではETHはcETHでメタマスクからデポジットすると同時に変換されます。

    ただしここでETHメインネットワークのガス代が発生するので、例えばガス代が0だから両替する為に一旦Moonswapに移すという使い方は意味がありません。

    接続が不安定な為、「ConnectEthreumWallet」のボタンが出ずに混乱するかもしれませんがちょっと待ったり再度ConfluxPortalウォレットと接続するなど、何度かやっているうちに表示されるようになりました。一度接続すると常時接続した状態となります。

    MoonSwapの使い方

    接続さえできれば解説がいらないくらいですが、実際に使ってみた手順などを記録しておきます。

    • Exchange・・両替です。 CFXというトークンがConfluxNetworkの独自コインですが、ガス代が0の為BNB(バイナンスコイン)のような需要が生まれていません。
    • Wallet・・お財布です。 様々な通貨の残高が表示されてメタマスクと繋がっています(メタマスクとやり取りするときはガス代がかかります)
    • Farms・・通貨ペアを提供する事で、定期的に採掘されるcMoonコインが分配されます。=稼げます。
    • Staking・・Farmsと似ていますが獲得した(もしくは直接購入した)cMoonコインを預ける事で利息を得られるシステムです。xmoonというコインに変換するのがちょっと面倒。
    • Analytics・・ユーザーのMoonswap利用状況を分析することが出来ます
    • account・・アカウントという意味ですがよく分かりません。触っているとAnalyticsに飛びます。
    • NFT・・NFTマーケットのページに飛びます。Gameのアイテムかと思われます。
    • Game・・Gameがリリースされています。ガス代0のBCGを誰もが願った事でしょう。 現在は中国語交じりですが、全部英語になると流行するかもしれません。
    • APP・・スマホアプリのQRコード等があります。 メタマスクとどう連動させるのか?は分かりません。

    Farmsで稼ぐ方法

    Farmsの使い方

    では、Farmsにてコインを預けて定期的に配布されるcMOONの山分けに参加する流れを解説しておきます。(流動性の提供といいます)

    1. まずは、Farmsの画面で預ける二つのコインの組み合わせを決めます。 JupiterとかNeptuneとか名前がついていますが、その下のcUSDC-cETHというコイン名に注目。
    2. コインを決めたらウォレット(Confluxの方)に二つのコインがデポジットされている必要があるので、Exchangeで両替をします。 コインのペアは1:1で預けるのでだいたい同じ額のコインを2つ所持しましょう。
    3. exchange>Pool>Add liquidityで二つのコインを合体させます(MLPコインの作成)。 1:1なので片方に数値を入力すれば自動でもう片方も計算されます。
    4. Farmsの画面で該当する通貨ペアの一番右>Approve MLPをクリック>Confluxで確認ボタン
    5. Stakeボタンに替わるので所持しているMLPコインから金額を設定して完了

    以上の流れです。

    ヤマノケンヤマノケン
    ただ、私がステーキングしたいコインのペアはいつまで経ってもLoadingのままくるくる回って「Approve MLP」のボタンが現れません。 ウォレットの接続も頻繁に切れるので今後の展開に期待です。

    cMoonのステーキングについて

    cMOONは、Moonswapの独自コインです。ファーミングで得られるコインはcMoonです。PancakeswapのCAKEみたいなものです。 cMOONは単独で預け入れして金利を得ることが出来ます。 これをステーキングといいます。

    1. 左・・convert to XMOONで、cMOONをxMOONに変換
    2. xMOONは保有しているだけで利息が得られるコインです。
    3. 真ん中・・Convert to cMOONで、元に戻す
    4. 右・・Harvest cMOONで、得られたcMOONを収穫

    というシンプルなものです。

    xMOONを保持すると、ステーキングボールトの収入が得られます。xMOONは、cMOONをステーキングすることで生成できます。xMOONがcMOONに変換された後、賭けられたcMOONとStakeingVaultの収入を引き換えることができます。Staking Vaultの資金は増え続け、14,400ブロック(約2時間)ごとに配当が行われます。また、2時間ごとに発行される配当総額は、ステーキングボールトの収入のcMOONの1/84です。配当は、xMOONの保有割合に基づいてユーザーに分配されます。xMOONをcMOONに変換すると、7日間のコンセンサス期間後に自由に収穫できます。

    現在、プールには2,529,151.7829xMOONがあります。

    CFXがバイナンスに上場

    CFXは、Moonswapが存在するネットワークである「Conflux Network」のコインです。

    バイナンスに上場というアナウンスが流れました。追い風が来ています。

    スマホアプリが出たので使ってみました

    moonswapスマホ

    iphoneでmoonswapのスマホ版が出たという事で使ってみました。

    QRコードを読み込むと、「TestFlight」というアプリが立ち上がり、進めていくとアプリをインストール出来ました。 BCGのアクシーでも使っていたので既にインストールしていましたがまだお持ちでない場合は「TestFlight」が必要かもしれません。


    下のウォレットマーク>Add Wallet>Import a wallet で、PCで使っているConfluxウォレットの情報をインポートしました。

    8つの単語から成り立つパスフレーズをメモしていたのでコピーペースト(2回)でOKでした。 (その後、ウォレットのパスワードも求められたかも)

    その後は、デザインが違い過ぎて若干戸惑いましたが内容はPCと変わりません。 デポジットでメタマスクと接続できないのでPCの方が使い勝手は良いでしょう。

    管理人のレビュー

    Walletの接続がすぐ切れるので使いづらく、中国語が多いのでグローバル的に流行るかはまだ未知数です。

    ただ、ETHをMoonswapに送るのもガス代が安めでしたしガス代0というのは魅力です。中国マネーが沢山入ってきているのであればそれはそれで投資目線ではアリでしょう。

    ツィッターでもこまめに情報発信しています。ぜひフォローよろしくお願いします。 @increasecrypto

    PR:いまのうちにビットコインをコツコツ稼いでおくならココ

    1. クライムポット

      クライムポット(CLIMBPOT)

      使用通貨:
      ビットコイン
      ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
      オススメ指数 5.0
      安心感 4.0
      面白さ 3.0

      海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

      管理人がオススメする理由

      管理人管理人

      ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

      詳細はコチラ