ヤマノケンヤマノケン

なんだかんだ定着してきた感のあるPancakeSwapについて記事にしたいと思います。

  • PancakeSwapとは何か
  • DeFiとは・BSCとは
  • やり方や使い方(稼ぎ方)
  • 注意点・リスク

が初心者でも分かり、この記事を読みながら始める事が出来ます。(もし分からない点があればコメント下さい)

ちなみに私はPancakeswapを推奨するわけではありません。しかし、高金利でサイトもキャッチーなので初心者の方ほど興味を持ちやすいサービスです。またYOUTUBEで紹介等もされ始めました。

もしも興味を持って利用するのであれば正しく理解したうえで利用していただきたい。

実際に私も利用してみましたので収支を報告していきます。

PancakeSwapとは

Pancakeswapとは

PancakeSwapは、海外大手取引所BinanceのプライベートチェーンであるBSCネットワーク上のDeFiサービスです。

PancakeSwapを知らないという方にとっては、いきなり訳が分からない文章の羅列かと思いますが、まずは用途をお伝えします。

多くの人がPancakeSwapを利用する理由は、

  1. 仮想通貨の無人両替機である(銀行のAMTのようなもの)
  2. PancakeSwapは無人なので仮想通貨のストックが必要。ユーザーは保有している仮想通貨を預ける(Poolする)事で運営に参加できる
  3. 銀行のように、お金を預ける事で利息がCAKEというコインで支払われる

という流れです。

CAKEというコインは現在1CAKE=11ドル程で売る事が出来ます。 このカラクリはまた後で解説します。

ヤマノケンヤマノケン
「無人銀行」のような仮想通貨におけるサービスをDeFi(分散型金融)といいます。
DeFiは、UniswapやCompoundなどが信頼性があり有名です。 DEX(分散型取引所)と呼ばれる事もあり、分散型取引所=無人の両替機のような意味です。
ちなみに説明文で「DeFi的サービス」と書いたのはこのPancakeswapに関しては分散型なのか?分散型とは言えない(CeFi)のでは?という小難しい話があるからです。(大手海外取引所Binanceの運営)
さらに、多くの人の利用目的が「両替え」では無くCAKEをめぐるマネーゲームという点でDeFiもへったくりもないという風に感じる人もいます。
しかし、普通に利用する分には「どっちでもいい」話でもあります。

PancakeSwapのはじめ方

pancakeswap

pancakeswapは登録などの必要がありませんが、メタマスク(METAMASK)等の、「イーサリアムネットワークに接続できるウォレット(お財布)」が必要です。

MetaMask(メタマスク)とは?使い方とその意味をフカボリ!

メタマスク(MetaMask)を利用していない方は先に導入しましょう。

お持ちの方は、右上のConnectを押してメタマスクを選択します。

しかし、これだけではまだ接続がうまくできません。

メタマスクをBSCネットワークに切り替える必要があるのです。

BSCネットワークとは(接続方法)

BSC
BSCネットワークは、「バイナンススマートチェーン」の略で、海外大手取引所「Binance」のイーサリアムネットワーク上にあるプライベートチェーンです。

言葉で理解するよりも、上の画像みたいなイメージで捉えておけばよいでしょう。

BSCネットワークへの接続方法

BSCネットワークへの接続方法はメタマスクのページで詳しく解説していますが簡単に記載しておきます。

  1. イーサリアムネットワークへ接続するためのウォレット(仮想通貨専用の財布)であるメタマスクを入手・ブラウザーで使えるようにします
  2. メタマスクは「イーサリアムメインネットワーク」へ標準で繋がっていますが「BSCネットワークへの接続」に切り替える事が出来ます。
  3. メタマスク>(一番上の)Ethreumメインネット・・をクリック>カスタムRPC
  4. 下の通りに入力して接続
  • Network Name:BSC Network(任意)
  • Nwq RPC URL :https://bsc-dataseed1.binance.org/
  • ChainID: 56
  • Symbol: BNB
  • Block Explorer URL: https://bscscan.com

BSCネットワーク

EthreumメインネットからBSCネットワークに切り替えて利用します。

BNBを送信する手順

そして、さらにもう一度躓きます。

BSCネットワークという世界ではまだコインを持っていない状態なのです。 メタマスクにあるイーサリアムを、BSCネットワーク上に移す事は出来ません。 ※ちなみにBSCネットワークでガス代等を支払う主要通貨はBNB(バイナンスコイン)といい、BNBをメタマスクに入れないといけません。

いろいろな手順がありますが少なくとも日本の取引所から送金は出来ません。 Binanceという海外取引所のサービス(の延長)なので、やはりBinanceを使う所からスタートした方が良いでしょう。

私がやっている手順は、

  1. Binanceを利用し始める。(単なる取引所です)
  2. Binanceに日本の取引所からビットコインやイーサリアムを送金
  3. Binance>BNBにコンバート(両替)
  4. Binance>ウォレット>BNBをメタマスクのアドレスに送金(BEP20(BSC)を選択

という手順です。 Binanceでクレジットで直接BNBを買う事も出来ます。

BINANCE(バイナンス)とは?日本人が利用するメリット

上記の箇条書きで分かりづらい場合は、↑バイナンスの記事に画像付きで詳しく書いてあります。

BSCネットワーク及びPancakeSwapでは様々なコインを取り扱うことが出来ますが、ガス代をBNBコインで支払うためBNBは必須です。

PancakeSwapの使い方

PancakeSwapの使い方

PancakeSwapの使い方は、

  1. Trade(通貨の両替>Liquidityで通貨ペアトークンLPを取得)
  2. Farms(通貨ペアトークン(LP)を預けて、CAKEトークンを得る)
  3. Pools(CAKEを預けて、別のトークンを得る)
  4. Trade(得られたCAKEやトークンはBNBに換金出来る)

このような仕組みで稼げるというわけです。 具体的に順を追っていきましょう。

Tradeで両替をする

まず、Tradeで両替をします。 その前段階として

  1. メタマスクのBSCネットワークにBNBが保有されている状態まで準備は出来ていますか?
  2. 先にFarmsを見て預ける通貨ペア(二つのコイン)を決めておきましょう。
通貨ペアは何が良いのか?

得体のしれないコインだとコインの価値が下がるというリスクが高まるので、人気なのはUSDT等のステーブルコインでした。例えば、「USDT-BUSD」ペアならどちらも米ドル価格なので価格の変動リスク無しで年利30%分のCAKEを取得できます。

しかし今は仮想通貨バブルで法定通貨よりも仮想通貨の方が持っているだけで上がる可能性も高いので、BTCB(ビットコイン価格と紐づくバイナンス発行のコイン)等が人気です。

リスクの高いコインほど年利(APY)が高いので迷いますが、そもそも10%以上の時点で大きいので最もリスクが少ない・上がりそうだというコインを選ぶとよいでしょう。

準備が出来たら、メニュー>Tradeより

  1. Exchangeで2つのコインをペアで預けるというルールなので、預ける額の半額を別のコインに両替します。(例:BUSDやETH、BTCBなど)
  2. Liquldity>Add Liquldity>二つのコインの選択>金額を入力>メタマスクで承認>Surpryボタン>プールトークンを受け取る(何度か同じような事を繰り返すと心構えがあると混乱しません)

以上で、二つのコインを預ける為の「LPトークン」を取得する事が出来ました。

FarmsでStake(ステーク)する

PancakeSwapのステーキング

Farms(農場)をクリックすると様々な通貨ペアが表示されています。

  • 通貨ペアの名前
  • 年利(1年で得られる金利)
  • 獲得(預ける事で獲得できる通貨の種類)

が記載されているので分かりやすいです。

Tradeにて「通貨ペアLP」というものに両替をしている場合、StakeLPというボタンに変わっているのでStake(賭ける等の意味)します。 金額を入力してガス代を払ってスタートです。

日に日にCAKE(ケーキ)が焼けます(獲得できます)収穫でCAKEを収穫することが出来ます。

材料を集めてケーキが出来る事から、「ケーキが焼けた」という表現がよく合います。

獲得したCAKEの利用方法

CAKEの利用方法

獲得したCAKEはPancakeSwapのTradeにて換金することが出来ます。(2021/2/10のレートで1CAKE=0.053645BNB=6.08USD)

ここで不思議なのは、何故CAKEに価値があるのか?という事です。 世の中の役に立つのか立たないのか分からないコインに価値がついているのと同じかというと少し性質が違います。

メニュー>Poolにて、CAKEを預ける事でより沢山のCAKEを獲得する事が出来るという仕組みが入っているのです。

このループによってCAKEの価値を下げないという効果を生み出しています。

もっと言えばその親玉であるBNBの価値をキープする為の錬金術のようにも思えます。

PancakeSwapの注意点やリスク~怪しい?~

CAKEの価格推移

PancakeSwapの注意点やリスクは、

  1. BSCネットワークは分散型じゃない。 PancakeSwapが無くなれば預けていた資産が消えるというリスク(カウンターパーティーリスクといいます)
  2. 誰かが得をして誰かが損をするマネーゲーム的なものである

という2点です。 特に2番が大事なので説明をお読みください。

BSCネットワークが分散型ではないというリスク

PancakeSwapだけに限らずBSC上のサービスは、”分散型ではない”という点が強く識者からは嫌悪されています。ゆえに、スキャム=詐欺の危険性も無くもないというリスクです。 また、世界最大取引所であるBinance自体がまだ法律が整っていない中自由にサービスを提供している(身分確認なしで十分に取引が出来ている現状がある)状態なので詐欺をするつもりが無くとも、各国の規制によってサービスの利用が出来なくなるというリスクは明確にあります。

ヤマノケンヤマノケン
“分散型ではない”という理屈だけだと、「楽天銀行は中央型だから預けていると怖い」というのと同じ事ですのでピンとこない方もいると思います。 ただし「ネット上の金融サービスのうさん臭さを分散型である事が解消する」と考えると、分散型でない事でうさん臭さだけが残るというワケです。

誰かが得をして誰かが損をするマネーゲームである

PancakeSwapが誕生した瞬間は、CAKEの価値は0ですので「そんなゴミを得るためにお金を預けてどうする?」というのが否定派の意見です。 傍から見るとそう思えるでしょう。

  1. 全員が最終的にはCAKEを換金したい事は絶対的事実
  2. CAKEがCAKEを生むので、なるべく多く集めてから換金しようとする(今、多くの人がココ)
  3. 一度CAKEの価格が崩れると全員が換金に走り、より相場が崩れて崩壊
  4. それが3か月後なのか1年後なのか10年後なのか3日後なのかは分からない

その為、短期的に終わると思いスルーしていたのですが、PancakeSwapは沈む事なく仮想通貨バブルの波に乗って2021年2月現在でも順調です。 1CAKE=6ドルです。

高金利APY

ちなみに「こんなDeFiは気をつけろ」「こんなDeFiは詐欺だ」というチェック項目に必ず入っている「あり得ない高金利」にもPancakeSwapは該当します。(最近は落ち着いてきてだんだん真っ当に見えてきました)

ポイントは例えCAKEの価値が0になったとしても、預けていたコインが戻ってくれば特に損をするわけでは無いという事です。 損をするとしたらガス代を含む手数料ですが、ガス代及び手数料がETHに比べて安いというのが大きな特徴なので、流行が終わってCAKEが暴落しても参加者はさほど痛くありません。

ヤマノケンヤマノケン
日本で例えてイメージしてみましょう。
三菱UFJ銀行が「銀行にお金を沢山預けて欲しい。その代わり『UFJメダル』を預けた金額に応じて定期的にあげます。 という事を始めたとします。
「UFJメダルて何に使えるの?手数料とか?」「いえ、何にも使えないです」というもので、「ズコー!ゴミじゃん。」となるのは当然です。
ただ、「預けた金額に応じて」の中にUFJメダルを預けるとより沢山「UFJメダル」やさらに派生した「三菱メダル」が貰えるという仕組みがある為、
  • UFJメダルを沢山取得するためにUFJメダルを買う
  • UFJメダルに価値が出て1枚100円~200円で売買されている。
  • 口コミで広まりつつあり徐々に上がっている。
  • UFJメダルが今後何かに使えるかもしれない可能性はある
  • そもそも普通にUFJにお金を預けたとしても別に大きな損をするわけでは無い
  • タンス貯金しているよりはUFJメダルが貰えるところに預けておいた方がお得である(その為に交通費や手数料が少しかかる程度)

といった所でしょうか。 ※UFJ銀行というよりは「USJ」等のテーマーパークの中に存在する銀行といった方がより近いです。

PancakeSwapのメリット

Uniswap等のETHメインネットワーク上のDeFiは現状ガス代(手数料)が高いというデメリットがあります。※例えばAAVAにETHを預けようとするだけで50ドル以上かかります。

なかなか解消されないのでBSCが流行っているといっても良いでしょう。

BSCネットワークの場合はガス代が安いので仮想通貨の出し入れをする際にさほどガス代がかからないのが大きなメリットです。 BSCだと20円、ETHだと5,000円くらいの差があります。

ヤマノケンヤマノケン

UniswapなどのETH系DeFiと比較をしましたが、考え方としては別物でPancakeSwapはねずみ講のような要素が強めのマネーゲームと考えた方がいろいろな不安や疑問が解消されます。

カジノ系のブロックチェーンゲームとして捉えると単純に情報が早い人が強いゲームです。マネーゲームなので稼げるというわけです。

PancakeSwapのその他の機能メモ

Pancakeメモ

  1. ログインしてすぐにCAKEの価格を確認することが出来ます。(例:1CAKE=$6.017)
  2. 日本語に切り替えることが出来ます。(ブラウザーの翻訳とあまり変わりませんが)
  3. 1枚10CAKEで宝くじを買うことが出来ます。 ちなみに日本の宝くじは「みずほ銀行」が請け負っています。

PancakeSwapの実際の収支報告

実際の運用履歴を知りたい方が多いと思うので、試してみたいと思います。

※通貨ペアは何となくUNI/BNBにしました。深い理由はありませんが、ビットコインが500ドル突破というニュースがあったのでこの後、DeFi系のコインがまた上がるかも程度の理由です。

収支報告記録

2021/02/10 11:15

預けた仮想通貨 20BNB/111.043UNI (約$2192ドル×2) 155.94%
通貨の価値 1BNB=$109.646 1UNI=$19.7064
獲得CAKE(CAKE価値) 0CAKE(1CAKE=$6.04)

結局のところBNBとUNIの価格が下落すると損をするし、上がれば稼ぎになるという面が強いのが仮想通貨の現状ですが、どちらにしてもメタマスクでただ保有して値上がりを待つよりはPancakeSwapに預けておいた方がCAKEを取得できる分、お得である事は確かです。(マイナスはガス代のみなので)

2021/02/11 16:32

預けた仮想通貨 20BNB/111.043UNI (約$2192ドル×2) 157.77%
通貨の価値 1BNB=$124.47 1UNI=$20.395
獲得CAKE(CAKE価値) 3.918CAKE(1CAKE=$6.73

そろそろ4CAKEとなるので×6.73ドル=26.92ドル(約2,700円)の稼ぎです。昨日の今日で、かつたった45万円程度の軍資金ですので相当大きいです。 どんぶり勘定ですが1,000万円分預けたら1日5万円くらいの利益になるという計算なので、「そんなわけない」のですが「そんなわけになっている」のです。

これは流行るのも危ないのもどちらも理解できます。「こんなに美味しい事が続くわけがない」「世の中そんなに甘くないでしょ?」という不安でいっぱいです。

既に今、「もはやCAKEをちまちま集めるよりも、BNBやCAKEを大量に買って大量に増やしたい」という欲求に駆られています。 だから今、BNBやCAKEの価格はどんどん上がっているのです。 ねずみ講の上の方にいる人のような感覚。

この欲望が連鎖する限りはPancakeSwapは続いていくのでしょう。

追加検証・・約240万円分(89.9 BNB and 540 UNI)追加しました

新たに追加して検証を開始しました。 既に50CAKEを焼いて数日で3万円くらいの利益にはなっているのですが金額が変わり伝わりづらいと思うので、再度2021/02/16~また1か月ほど運用してみたいと思います。(少額でもないので何かリスクを察知したらすぐに撤退します)

日時 2021/02/16 10:26
預けた仮想通貨 109.9BNB/651.043UNI (約$11,754ドル×2) APY80.55%
通貨の価値 1BNB=$130 1UNI=$20.262
獲得CAKE(CAKE価値) 0CAKE(1CAKE=$6.63)

以前よりもBNBやUNIの価格が上昇してきています。 しかしAPYはこの数日で半分くらいに下がってしまいました。

日時 2021/02/17 10:26
預けた仮想通貨 109.9BNB/651.043UNI (約$11,754ドル×2) APY85.90%
通貨の価値 1BNB=$129.58 1UNI=$20.1353
獲得CAKE(CAKE価値) 9.38CAKE(1CAKE=$7.21)

24時間経過しました。 1日で9.38CAKE=約7,033円の利益です。 例えるなら240万円で一軒家を購入して家賃21万円で貸し出すようなものです。

ツィッターでもこまめに情報発信しています。ぜひフォローよろしくお願いします。 @increasecrypto

PR:もっと正当にビットコインを稼ぐ方法

  1. クライムポット

    クライムポット(CLIMBPOT)

    使用通貨:
    ビットコイン
    ジャンル:カジノ・投資型ブロックチェーンゲーム
    オススメ指数 5.0
    安心感 4.0
    面白さ 3.0

    海外で人気のbustabit(バスタビット)のシステムを使った日本向け版。 上昇する数字がどこまで上昇するかを予想して、賭け金×指定した数字=稼ぎとなるゲームです。 億り人を排出した事から海外で注目を集めていました。

    管理人がオススメする理由

    管理人管理人

    ビットコインを保有しておくだけでも投資としての価値があり、かつ資産運用出来るという「稼ぐ」「増やす」「投資」という面に直結しています。 DeFiに預けて年利で稼ぐも良し・RPGのようなゲームでアイテムを得て売るも良しですが、オート機能でほったらかしにした時のビットコインの増え方は一度体験するとやみつきになってしまいます。 リスクがあるのでやり過ぎは注意ですが一度シミュレーションモードを試してみると良いでしょう。

    詳細はコチラ